プロフィール

おはちゅ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ハロプロ感想と日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
(*゚▽゚)ノケメ子の部屋 vol.1~まりっぺがケメ子の部屋にやってきた!
(*゚▽゚)ノなんとおはつは2年ぶりのナマ圭ちゃん!2005年5月のパシイベ以来、そんなになるか~~~

セットリストは以下の通り。正直最初は声が出てなかった圭ちゃん。「劣化したのか~~。・゚・(ノД`)・゚・。 」って思ってたんだけど、たぶんピアノ演奏の前で緊張してたんだと思う。最後の2曲では持ち前の「超広音域/大声量」を披露してくれた。

次回のリクエストとしては選曲かな。今回の選曲はアップテンポが多くて間違ってはいなかったと思うけど、圭ちゃんはもっとワイルドな曲か、逆に聴かせる曲がいい。ハロプロに限れば、前者は「ENDLESS LOVE」後者はGAMの「メロディーズ」、ベリの「VERY BEAUTY」とか。
あとMCは2人とも慣れてないのだから短めでよし。その代わりもっと曲を増やして欲しい。

おはつは「女優保田圭」には興味なし、稀有の才能である「歌唱力」に惚れたのら、もっと歌ってよ、圭ちゃん!!

会場:Zepp東京
開演:19:10
終演:20:30(握手会前まで)

1.ケメ子あいさつ
2.「黄色いお空で BOOM BOOM BOOM」 (保田)
3.「恋をしちゃいました!」 (保田・矢口)
4.MC
5.「A MEMORY OF SUMMER '98」 (矢口)
6.「せんこう花火」 (保田)
7.エアビーチバレーのコント
8.「金魚花火 (大塚愛)」 (ピアノ:保田!!!、歌:矢口)
9.MC「ケメ子のデジカメ日記」
10.「DANCEするのだ!」 (保田・矢口)
11.「SEXY BOY~そよ風に寄り添って~」 (保田・矢口)
12.ケメ子あいさつ
13.握手会

※セットリストは、圭ちゃんのファンサイトの老舗、e-kei.netから引用したものを加筆しました。
スポンサーサイト
【2007/07/20 23:59】 | 保田圭 | トラックバック(0) | コメント(0)
(*゚▽゚)ノ保田圭 アコースティックヘブン当選
(*゚▽゚)ノ競争率が低かったんだろうけれど、この貴重な公演に参加できることは幸せ♪

圭ちゃんの生歌オンリーで過ごす1時間、今から楽しみです♪
【2007/02/19 21:49】 | 保田圭 | トラックバック(0) | コメント(0)
プッチモニ、3年半ぶり復活!
(*゚▽゚)ノプッチモニ、3年半ぶり復活!…新春ツアーファイナル

横アリ公演でプッチが復活したのね~。・゚・(ノД`)・゚・。

ヤスのいた初代~2代プッチは、ごまっとうと並ぶ最強トリオ、見たかったのに~
くじ運の無い自分を恨むわん…

テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

【2006/01/30 17:23】 | 保田圭 | トラックバック(0) | コメント(0)
保田の後継者(その1 辻)
私がよく見るヤスヲタサイトでは、
保田の後継として、を推す声が比較的多い。

でも、理由は定かではない。なんでだろう?と思う。
ヤスヲタだから、4期メンの中では比較的影が薄く(?)、パートも少ない辻に、
次代の保田を見ているのだろうか。

...と疑問を持ちつつも、実は私も辻を推す1人である。
ただ、「後継者」ではなく「後継者の一人」として推す。
保田≦辻+高橋、という計算式である。

私は音大卒ではないし、楽譜も読めないが、
保田と辻の声質や歌い方に随分差異があることぐらいは判る。

ダンスも、保田に比べると得意な方ではないだろう。
5期メンが入って1年経つが、ダメっぷりは相変わらずである。

でも、最近美人になってきたよなぁと思う。
可愛いというのではなく、なんかキリリと締まった感じ。

変貌しつつあるルックスに惹かれて、歌に注目すると、また惹かれる。
"Do It Now!"のパート「覚悟するのは簡単だった」あたりは、
ソロでもないのにグッとくるものがある。

この、だんだん引き込まれていく感覚は、ヤスヲタになった状況に似ている。

静かに頭角を現してきた、という印象だ。
なんとなく成長が停まってしまった他の4期メンと比べ、大化けしつつある彼女は魅力的。
この大器となる可能性と、ダメっぷり加減とが相まって、目が離せない。

だから、辻がいれば、保田が抜けたあとも、娘。を応援したくなる。
娘。が活躍している限り、その辻を見続けることができる。
娘。あってこその辻なのだ。
従って、私にとって辻は「娘。を応援・注目する対象としての後継者」なのだ。

しかし、辻の現在の実力では、DIVA保田の抜けた穴は塞がらない。
そこで、高橋の存在が効いてくる。

この保田後継論は、もう少しつづく。
【2002/09/06 00:00】 | 保田圭 | トラックバック(0) | コメント(0)
こち池で反省
記者会見で、
「女優もやってみたい」とは言っていたが、
「歌手として活躍したい」とは言っていなかったので、

『歌手に自信がないから、女優と言ったのか?』

と、くだらない心配をしていた自分が恥ずかしい。

あの演技力なら、保田自身、女優やってても楽しいだろうなぁ。
火サス、昼ドラ、連ドラ、大河ドラと、じゃんじゃんブラウン管(古っ!)を賑わせて欲しい。

でも、個人的に、一番観たいのは「歌手保田」。
保田が出演ドラマの主題歌も歌う、なんてことになれば、感無量。
【2002/08/06 16:51】 | 保田圭 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次ページ
フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。