プロフィール

おはちゅ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ハロプロ感想と日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
(*゚▽゚)ノITIL Foundation 合格
(*゚▽゚)ノ37/40問の正解でらくらく合格!(26問正解で合格)

COBITのときと同じく試験開始15分ぐらいで飽きてしまい、1回見直して20分後にsubmit。
(PCで受験、その場で結果がわかります)

ITILの勉強は座学(教室で講師が教えてくれる形式)ではなくe-learning(PCやネットによる紙芝居形式のコンテンツ)だったのだけども、このe-learningの質がとても悪い!

実は会社の本社(米国)がそのe-learningを製作してて、社員なら無料でこのe-learingが受講できる。
でも期限が決まっていて期限切れになると参照できなくなる上(社員なのにだよ!)、内容がむちゃくちゃ。英語のコンテンツを無理矢理和訳しているもんだから、意味不明だったり、ウソが書いてあったりする。

実はおはつはe-learningを受ける前から、会社に「座学にしてくれ」と最後まで争ってたのだ。

一般的に、e-learningはテキストが手元に残らなかったり、一方的な講義になるので身につかないといわれていて、最近では座学と組み合わせる「ブレンデッドラーニング」が主流だ。しかし、会社の教育部は勉強不足なので、そういうことも知らない。

なので、e-learningの欠点やブレンデッドラーニングがトレンドであることを事例も交えてちゃんと説明してあげてるのに「それでも金がないからe-learningだけ」と一点張り。しかたないので、e-learningのほか、独学で本読んだりして勉強するしかなかった。

合格率85%とも言われてるから、e-learningだけでも合格はできたろうけど、本などによる独学が無ければ、ITILについて誤った知識をもったままのところだった。

うちの会社は「タダほど高いものは無い」という言葉を知らんみたいだ。たぶん間もなくつぶれます(;´Д`)
スポンサーサイト
【2008/01/30 19:28】 | ISMS,ITIL,COBIT | トラックバック(0) | コメント(0)
(*゚▽゚)ノCOBIT Foundation 合格
(*゚▽゚)ノ29/40問の正解でぎりぎりセーフ!(28問正解で合格)

試験開始15分ぐらいで飽きてしまい、1回見直したものの、もう変えても大差ないな~ておもって、submitしたら、ぎりぎりなんだもんな~
(PCで受験、その場で結果がわかります)

2.5日間のハードなトレーニングで、COBITの概要は概ね理解できた。トレーニングの中で試験対策もあったんだけど、やはり難しかった。

特に、KPIとKGIの区別が面倒らった。
前者はITプロセスのアクティビティの達成度、後者は目標の達成度を測る指標なんだけど、これが試験の「直訳和製日本語」になると訳判らん。

講師によれば、e-learningのコースだと試験問題と用語が統一されているらしく、e-learning受講者なら違和感ない問題文なんだとか。
てことはe-learning受講者はこんなヘンテコ日本語で学習してることになるのか。まぁCOBITの思想が理解できれば、多少の語彙の違いはどってことないんだけども。
【2007/11/28 23:33】 | ISMS,ITIL,COBIT | トラックバック(0) | コメント(0)
(*゚▽゚)ノひこにゃん問題、ガバナンスなくしては翻案権を主張できないと考える
(*゚▽゚)ノひこにゃん問題について、翻案権が譲渡されている/いないという議論がみられる。

おはつはが考える翻案権とは、ガバナンスの元、改良を加えバージョンアップしていく権利だと考える。ひこにゃんの場合、バージョンアップというより、彦根市がガバナンスをしない(放棄した)状態でパチモンがばら撒かれている状況だとといえる。

ガバナンスをせず、著作物を蹂躙されるがままだった彦根市が、いまさら翻案権を主張しても、後出しじゃんけんじゃんかと思ってしまう。
不正競争防止法が「営業秘密」としてきちんとガバナンスを敷いて管理してきた情報資産でないと保護の対象としていないのと同様、ってのがおはつの考えだ。

まぁ今のところ彦根市が翻案権を主張したという報道はないし、翻案権云々という議論が意味あるのかって気にもなってくるけども。

おはつが考える対策。
・彦根市は、もへろん氏の主張を聞いて、キャラクターの詳細をしっかり決め、今後はガバナンスを効かせる。
・もへろん氏は人格権のみを主張し、見返りを求めない。

(*゚▽゚)ノひこにゃんを大事に想うのなら、お互いお金の話はしないことだ。
【2007/11/21 21:30】 | ISMS,ITIL,COBIT | トラックバック(0) | コメント(0)
(*゚▽゚)ノ著作権の基本も理解していない竹田圭吾が編集長を務める『ニューズウィーク日本版』はきっとダメ雑誌だろう
(*゚▽゚)ノとくダネでひこにゃん騒動が話題になって、竹田圭吾が「(もへろん氏が)(ひこにゃんを)金のなる木になると思ってなかったんじゃないか」と、もへろん氏を侮辱するような発言をした。

個人の意見は尊重しよう。しかし彼はこれまでにも無知故の軽率な発言が多い。今回は編集の職にあるものが、最も尊重しなければならない著作権法の基礎の基礎も理解してなかったことを公にしてしまった。
『ニューズウィーク日本版』は読んだことも無いが、きっとダメ雑誌だろう。

もへろん氏が主張しているのは、著作権のうち「作者人格権」だ。彦根市とどのような契約を交わしたかは知らないが、この「人格権」は譲渡不可能な権利だ。仮に契約書に「譲渡する」と一筆いれていても無効なのだ。(著作権法第59条)
だから、契約によって彦根市に著作権の「著作財産権」が渡っていたとしても、「作者人格権」はもへろん氏が持っていることになる。

もへろん氏は「キャラクターの性格やデザインを勝手に変えないで欲しい」と主張している。
これは「作者人格権」のうちの「同一性保持権(著作権法第20条)」を彦根市が侵害していると主張してるのであって、彦根市は法的に全く歯が立たない。

「財産権」がどちらにあるから契約書を見ないと判らないが、使用権をフリーにしたのが彦根市であるから、おそらく彦根市に譲渡されていると思われる。
その場合、今回の事案でもへろん氏が勝訴しても、一銭ももへろん氏には入らないことになる。

とくダネではこのコーナーでちゃんと「財産権」と「人格権」の違いを説明していた。にもかかわらずこの発言。竹田の職業がよりによって編集長だというのだから、笑い話にもならん(;´Д`)
【2007/11/17 20:37】 | ISMS,ITIL,COBIT | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。