プロフィール

おはちゅ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

07 | 2002/08 | 09
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ハロプロ感想と日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
後藤ミュージカルと秋冬の新曲
テレ東が、後藤主演ミュージカルのプロットを一般募集している。

将来、印税生活を目指す私としては、是非とも参加させていただく。
しかし、「昭和40年の下町で、ほのぼのとした話」という条件付き。これが難しい。

「昭和40年」と年を明言しているため、物価や生活様式など、それなりの時代公証が必要だ。

さらに難しいのが、後藤主演なのに「ほのぼの」という点だ。
主演がCOOLなのに、どうやって「ほのぼの」させるんだ?

しかし、私のプロットが採用されるかどうかは別として、
いい台本に出会えて「ほのぼの」とした演技ができれば、
彼女にとっては、演技の幅が拡がることになり、大きなプラスになるだろう。

また、秋からは連ドラにも出演するという。
これも「マリア」に続いて良い経験になるだろう。

この様に、後藤には、機会をどんどん与えることができる。
知名度と人気が高く、ある程度の集客・視聴率が見込めるからだ。

保田についてはどうだろうか?
このままでは、これ程機会に恵まれることはないだろう。

従って、卒業を決定した事務所とつんく♂には、
来春のソロ立ち前に積極果敢なプロモーションを行ない、知名度と人気をより高めておく責任がある

その最終兵器がレコ大・紅白をセンターでメインである。
一般の方々に保田をアピールする、最大最後のチャンスだ。
秋冬の新曲に、保田をセンターに据え、メインパートを与えることで、これを実現する。

言い換えれば、秋冬の新曲を観れば、事務所とつんく♂が、今後保田をどの様に扱うか判る。

秋冬の新曲には、是非保田をセンター&メインに!
スポンサーサイト
【2002/08/30 17:49】 | 事務所に一言! | トラックバック(0) | コメント(0)
小川への期待度
最近小川カッコよく見える。

動作・表情どれもイキイキしていて、ミニサイズながら、目立つ。
実に小気味が好いのだ。

プッチでは、後藤からCOOL路線を引継ぐことになった。
エース後藤の後継は重荷かもしれないが、これは大化けするキッカケになる。

半年も経たないうちに、5期メントップ合格の面目躍如となる人気者になる気がしてならない。
【2002/08/28 17:00】 | スポット | トラックバック(0) | コメント(0)
プッチアルバムと顧客満足度
自分へのご褒美に、新宿ビッグカメラで、プッチアルバムを購入し、
翌日も客先訪問にも関わらず、ほぼ夜通し聴きまくった。

頭から尻尾までが、タイトル通り「ぜんぶ!プッチモニ」というのは気持ちが良い。

だが、ヲタでは周知だろうが、"負けない~""プチビ"以外はリリース済みの曲。
1枚に纏まっている、という以外、目(耳)新しさは無い。

これって、一般的にはコンプリートアルバムだよな
商品としてはいかがなものだろう。

"プチビ"は、プッチの声が殆ど聴こえないお遊びメロディ。
これがパートⅠ・Ⅱと全11曲中2曲も占める。

"負けない~"は、ちゃんとした曲だ。
しかし、残念ながら、宇多田の"Deep River"の様に、アルバム→PVなどという大出世する曲ではない。

買う前から判ってはいたが、ファンを満足させる1枚ではない

市井が参加した新曲を追加する
保田・後藤・吉澤それぞれ1曲づつソロを歌う
なんてことぐらいは、当り前に実現して欲しかった。

それどころか、
市井が作詞した曲を現プッチが歌う なんて、夢のある企画もできたはずだ。

オリコン1位。売れたし、買った。事務所は楽して儲かったはずだ。
企業としては、これで良いだろう。

しかし、つんく♂はプロデューサとして、こりゃマズイんじゃないか。
センスやファン心理の把握といった基本能力に疑問を持つぞ。

プロデューサは、一般企業で言えばプロジェクトマネージャーといえる。
競争原理が働く市場の中で、彼らは顧客満足度を得るべく、シノギを削っている。
得られなければ、首が飛ぶのだ。

何をしたらファンは喜ぶのか?
顧客満足度という視点から、考え直してもらいたい。

おまけ。
"カレーライスの女"も購入すべく、売場を探したが見当たらず、店員に聞いたら、売切れたそうだ。
やはり売れている。
【2002/08/27 18:13】 | 新譜感想(アルバム) | トラックバック(0) | コメント(0)
2代目プッチTVラストライヴ
8/25のハロモニで、2代目プッチのTVラストライヴが放映された。

"BB恋"と"ちょこLOVE"の2曲だけではあったが、もっとも聴きたい2曲だったので、満足。

と同時に、このコーナーで「市井・保田・後藤」の"BB恋"を聴きたいと、書いたが、
あれは幼稚な発想で、吉澤に失礼だったと反省させられた。

あの重量感のあるダンスとパワフルボイスは、吉澤が居てこそだよ。

"ちょこLOVE"も、市井ヴァージョンと同じぐらい、気に入った。

結局、「元メンが良かった」云々ってのは、現メンに対して失礼であるばかりか、
現況を許容できない狭量浅薄な考え方である、という結論に至った。

アーティストに限った話ではないが、
2代、3代と代替わりしていく度に、看板を受け継ぐ者には重圧がかかる。
ライバルが、現存しない先代だからだ。

その重圧を跳ね返すことで、看板を一層高いレベルに持ち上げていける。
代替わりはクオリティの向上にも繋がっていくのだ。

だから、「過去に保田が居たこと」そのことが、現在・未来に貢献している
と考えることにしよう。
【2002/08/26 12:17】 | 番組感想 | トラックバック(0) | コメント(0)
カレーライスの女
dailyチャート3位に、ソニンの「カレーライスの女」が食い込んだ。
タイアップも、後藤程のネームバリューも無いのだから、これは健闘したと言える。

売れた理由は、「裸エプロン」ジャケだけではないだろう。
ヲタ間でも目立つ意見だが「つんく♂らしい」いい曲だからだ、と思う。

彼らしい曲、とは、個人的には、後藤加入前の娘。や、シャ乱Q時代の曲。

最近では、松浦の「100回のKISS」で、いい曲を書いている。
後藤ソロの「愛のバカヤロウ」も良かった。
自身の歌う「シングルベッド」は、カラオケチャートで、今なお上位にランクインしている。

恋愛の理不尽さや、伝わらない不自由さを、哀愁とともに歌い描く
これが個人的に持つ、つんく♂に対するイメージだ。

アーティストのイメージを固定化するのは、自分でもいかがなものかと思う。
だが、どんな天才にも得手不得手があるのも事実。

彼らしい曲を、ソニン・保田級のvoが歌い上げればヒットする。
是非、保田にも「つんく♂らしい曲」を!
【2002/08/23 12:40】 | 新譜感想(シングル) | トラックバック(0) | コメント(0)
波乱の船出
後藤のソロ新「やる気!IT'S EASY」がDailyチャート2位。
1位は獲れなかった。
それも、浜崎やキンキといった大物ではなく、W-indsに獲られた。

・大発表後初
・バックコーラスにメロンを起用
と、話題性が高かった割には伸びなかった。

そもそも、後藤があれほどの人気になったのは何故か?
11,000人のオーディションをたった一人勝ち抜いた、という話題性か?

個人的には、ラブマでの鮮烈なデビューだろう、と思う。

メインパートを堂々と歌いこなし、
ジャケではエース安倍と並んで、センターに凛と立ち、正面を見据える、
金髪・長身・美形の14歳

こりゃスゴイ、と思ったもんだ。

元気印の天才、松浦には、この鮮烈さがある。
迷えるエース、後藤には、この鮮烈さが無い

まだ後藤は16歳。
松浦やソニンの様に、もっといろいろ冒険させてやって欲しい。
【2002/08/22 17:00】 | 事務所に一言! | トラックバック(0) | コメント(0)
愛は地球を救う
基本的にチャリティ番組は苦手。
タレントが100Km走るのはスゴイと思う。
しかし、そのサポートに使われている膨大な労力と金があれば、一体何人の弱者が救えるのか?
藤原・松浦の様な、現地リポートは効果的とは思うが。

さて、ヤストピで語られている感想と重複するが、保田の「車椅子ダンス」は拍手!
彼女のアーティストとプロジェクトマネージャ両方の力量を、再認識できた。
どうだ、これが保田圭だ!

「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、誉めてやらねば、人は動かじ。」
娘。で、これができるのは、安倍・保田・矢口だけだろう。

全体的には前衛の後藤・後衛の保田という印象。
年長組の矢口・安倍・飯田も、いい仕事していたが、やはり前者2名は外せない。

ただ、今回の敢闘賞は、個人的には、富士登山の小川・新垣。
悪天候の中、弱音を吐けない状況で、よく頑張ったぞ。
【2002/08/20 12:24】 | 番組感想 | トラックバック(0) | コメント(0)
後藤のソロジャケで考えさせられた
7/31の大発表以降、初めて、後藤のソロ新曲「やる気!IT'S EASY」が8/21に発売されるらしい。
今のところ、ジャケ写真しか入手していないが、
個人的には、衣装もタイトルも、なんか中途半端かな、と思った。

衣装は、松浦ほど「アイドル」していないし、「カッケー」って程でもない。
タイトルの「やる気」ってのも、やる気を削がれる気分だ。

「その路線」なんだろうか?
もう、「前向きに頑張ろうぜ!GO!GO!GO!」みたいな応援歌は、娘。本体で勘弁してほしい。

....保田は大丈夫なのだろうか?
【2002/08/14 17:00】 | 新譜感想(シングル) | トラックバック(0) | コメント(0)
初代プッチ復活願望
ヲタの間では、初代プッチモニ。(市井・保田・後藤)の復活を望む声が、あちこちで聞かれる。

・3人とも、娘。を離れた(る)
・ユニットのボーダレス可(娘。以外のメンバーも参加する)

で、市・保・後が組み易くなった、というのが理屈らしい。

でも、どうなんだろう。
初代からは、ざっと2年前。
年頃の女の子にとっては、長すぎる時間が経った。

仮に初代メンバーで再結成されても、当時の初代には敵わないのではないか?

...でも、やっぱり復活して欲しいよねぇ。理屈抜きでさ~。
吉澤には悪いが、初代の「BABY!恋にKNOCK OUT!」観たいもの。
【2002/08/08 14:24】 | ユニット | トラックバック(0) | コメント(0)
こち池で反省
記者会見で、
「女優もやってみたい」とは言っていたが、
「歌手として活躍したい」とは言っていなかったので、

『歌手に自信がないから、女優と言ったのか?』

と、くだらない心配をしていた自分が恥ずかしい。

あの演技力なら、保田自身、女優やってても楽しいだろうなぁ。
火サス、昼ドラ、連ドラ、大河ドラと、じゃんじゃんブラウン管(古っ!)を賑わせて欲しい。

でも、個人的に、一番観たいのは「歌手保田」。
保田が出演ドラマの主題歌も歌う、なんてことになれば、感無量。
【2002/08/06 16:51】 | 保田圭 | トラックバック(0) | コメント(0)
女優を目指すつもりなのか?
「こちら本池上署(8/5:TBS 20:00~)」に保田がゲスト出演する。
女優としては「伊豆の踊子」以来の抜擢である。
そわそわとビデオをセットしながら、ふと考えた。

彼女の
女優もやってみたい」と発言したことと、
「ソロ歌手としてやっていきたい」と発言しなかったこと。

保田本人が、歌手としてやっていく自信がないのだろうか?

確かに、本人も「一人でやったことがないので不安」と訴えている。
これは、「ソロパート無しが当り前」という、娘。本体での扱われ方がトラウマになっていて、
事務所が曲の提供や、プロモーションをしてくれるか不安ということかもしれない。
でも、勇気が無いだけかもしれない。

今までの扱われ方や、経験の有無だけで、安易に女優に進もうとしていないか、気になる。
【2002/08/05 16:45】 | 保田圭 | トラックバック(0) | コメント(0)
ハロプロ大改革?~公式発表を読んで

http://morningmusume.dream.com/

個人的に、以下の様に解釈した。

・ハロプロは、歌手活動以外(舞台・ドラマなど)にも力を注いでいく。
 これは、納得が行く。
 「商品の分野を増やす」という企業として当然の方法。

・ハロプロ内で、再編成を繰り返していく。
 無茶苦茶だ。
 ユニット名だけ残し、中身はガンガン入れ替える。
 これでもファンはついてくると考えているのか?
 巨人と阪神の選手がそっくり入れ替わって、巨人ファンが巨人を応援できるか。

・後藤、保田の卒業は本人の希望というより、事務所側の意向。
 市井や中澤のように、自分で決めたわけではない。
 本人の覚悟ができているのか。いきなり突き放されたのではないか?

・保田は「ソロ歌手」とは言明していない。
 役者やMCなどタレント業をさせるつもりなのか?
 プロ歌手級の歌唱力を無駄にするつもりなのか?

ANN-S、矢口の涙には、身を締め付けられる思いだ。
【2002/08/02 17:00】 | 事務所に一言! | トラックバック(0) | コメント(0)
保田圭、来春卒業。ソロ活動へ
寂しいが、良かった。
テレビに写る機会は減るが、今のままじゃ「歌手保田」を拝むことはできない。
回数が減っても、ソロ唄が聴けるなら、ヤスヲタにも、そして保田本人にも、有意義でめでたい事だろう。

さあ、これからがヤスヲタの気合の入れどころだ!
いろんな意味で買い支えるぜ!

とは言え、まだ半年程先の話し。
まずは、卒業直近のシングルで、最初で最後のセンターを果たし、花道を飾って欲しい。
紅白センターも夢ではない。
【2002/08/01 18:31】 | 保田圭 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。