FC2ブログ
プロフィール

おはちゅ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

09 | 2006/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ハロプロ感想と日記
(*゚▽゚)ノ情報処理技術者試験 プロジェクトマネージャー 午後Ⅱ 問2
(*゚▽゚)ノ午後Ⅱ 問2の回答を晒しておきます。

章立て(カッコは字数)

1.私の携わったプロジェクト概要とプロジェクトの費用管理の仕組み
1.1 プロジェクト概要 (400)
1.2 プロジェクトの費用管理の仕組み(400)

2.情報システム開発におけるプロジェクト予算の超過防止について

2.1 費用管理の仕組みに反映される前に発見した予算超過につながる兆候と判断した理由
(1)兆候(500)
(2)判断した理由(500)
2.2プロジェクトの目標を守ることを前提に実施した対策(600)

3.私の評価と今後の課題
3.1 私の評価(200)
3.2 今後の課題(150)

※2.1(1)が長すぎて、2.2が弱かった。
※3が時間が無くて、400文字もいかなかった。


回答内容

※2.2で突如現れた「特約」すごすぎ!ww
※また2.2で「守るべきプロジェクトの目標」をきちんと定量的に書けなかった。
※ネタはあったが時間が無かった。。。

1.私の携わったプロジェクト概要と

1.1 プロジェクト概要

 勤務先の紹介
 私の経歴
 プロジェクトの内容(期間、工数、ピーク時人数)、
 プロジェクトの特徴として、パッケージを使う。

1.2 プロジェクトの費用管理の仕組み

 月毎、フェーズ毎、メンバー毎の計画値を決める。
 毎月末に、実績と計画を比較し、n%以上乖離があれば対策を上長に対策を提示し、
 再計画後承認を受ける。

2.情報システム開発におけるプロジェクト予算の超過防止について

2.1 費用管理の仕組みに反映される前に発見した予算超過につながる兆候と判断した理由

(1)兆候

 パッケージとI/Fをもつサブシステムの進捗が遅くなった。
 パッケージベンダーへの技術的な質問の回答が無い。

 担当者にヒアリングしたら、パッケージベンダーの対応が悪い。
 技術的な質問が帰ってこない、パッケージの必須機能にバグがある。
 
(2)判断した理由

 パッケージのバグは放置しておくと、こちらで回避策を考え対応しなくてはならず、
 予定外の作業になる。
 質問の回答が遅くなると、その分対応が後手後手になる。現在回答待ちのメンバー
 の「遊び」ができる上、フェーズ後半の工数が嵩む。

2.2プロジェクトの目標を守ることを前提に実施した対策

 目標はスケジュールと品質を守ること。
 当社担当者とベンダー担当者を呼び、以下を指示。

 両者に対し)
  課題管理表の作成、回答はn営業日以内。遅れそうなら直ちに対策を立てる。
 ベンダーに対し)
  顧客は大口で、これが成功すればさらなるライセンス購入も現実的になる。
  また、「特約=契約時のバージョンの必須機能にバグがあった場合はベンダーの責任で対応する」
  があったので、これを守れ。つまり、バグは速攻で直せ。

3.私の評価と今後の課題

3.1 私の評価

 うまくいったし、ライセンスも買ってもらったので、みんなハッピー。

3.2 今後の課題

 特約が無ければ危なかった。
 パッケージ選定の際には必須機能の動作確認は予めしておくべき。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/10/18 23:01】 | プロジェクトマネージャ試験 | トラックバック(0) | コメント(0)
(*゚▽゚)ノななめ下
(*゚▽゚)ノおはつの常駐先はだれでも知ってる大企業。
インフラやファシリティもアウトソーシングで、これまた誰でも知ってる会社の連結子会社がやってる。

その部門におはつが質問すると、おはつが正社員じゃないことはすぐ判る仕組みになっていて、そうと判ると手のひら返したぞんざいな回答が返ってくる。
「ラーメンありますか?」と聞くと「冷やし中華は終わったけど?」と斜め上の回答なのら。
他社排除の動きなんだろうけど、ああいう雰囲気ってよくないよね、まるで泥舟に乗ってるような感じ、あ~気分悪い。

仕事も、なんか雑用ばっかり。
常駐先はおはつに月400万近くのお金を払ってる。そのおはつにCD10枚焼いてとか、ゴミすてといて、とか、それを主任級の社員がおはつに指示してるのだ。ほんと大丈夫かね、この会社?

(*゚▽゚)ノあ~、こんなこと書いてたら気分悪いまんま「14歳の母」に集中できんかった。
未来ちゃんの演技は相変わらずすごいしかわぃぃし、未来ちゃんだいすき~♪
でもこれ脚本はイマイチだよねぇ。妊娠したのに未来ちゃんが気づくときも、「カレンダー凝視」や「保健体育の本」今風にしたのか「WEBチェック」とかなんかわざとらしい。

父親役の生瀬が「14や15で人を本気で好きになれる訳はない」と言ってたけど、そんなことは無い、と一旦思って思い直す。
正しいかもしれないな。おはつも初恋は小6だったけど、本気で好きになったのは就職してからだったし。
【2006/10/18 22:01】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード