FC2ブログ
プロフィール

おはちゅ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

08 | 2007/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ハロプロ感想と日記
(*゚▽゚)ノどうもありがとうございました♪
(*゚▽゚)ノ初の大阪遠征はとても充実して、楽しかった!

先の記事でライブの素晴らしさは書いたけど、それはCBR乗りさんと抹茶さんも一緒にいたからこそ。一緒にいると楽しさ3倍です♪

楽しいだけじゃなく、お2人にはいろいろ助けても戴きました。
CBR乗りさんには今回のプランを主に立てもらい、各メンバー間の連絡も取り持ってくださいました。
抹茶さんには前日のロッカー確保から、晩ご飯のお店探し、最後バスに乗るときの道案内まで、細かな点をリードしてくださいました。

また、今回初めてCALUSさんにもお会いできました。ちゃんと「ひこにゃん」を目印にライブが終わるまで暑い中待ってて戴いた上、たくさんのお土産を戴きました。
「もちクリーム」をなんと1人一箱!あちゅくてバテバテだった昼公演の後で、甘くて冷たいもちクリームがどんなに染み渡った事か♪
DVDや「ひこにゃんボールペン」まで戴いて、初対面なのに親切にしてくださいました。

今回の遠征が終始楽しいものになったのは、みなさんのおかげです。どうもありがとうございました♪
今回は滞在時間が10時間足らずで、ちゃんとお話も出来なかったけども、今度はゆっくり時間を作って語らいましょう!
スポンサーサイト



【2007/09/10 16:40】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
(*゚▽゚)ノ℃-ute ライブツアー 2007秋 ~放課後のエッセンス~
(*゚▽゚)ノ体育館でやる学園祭のコンサートに似た「近さ」で℃-uteの迫力を満喫できた、サイコーの1日らった!!

席はなかなか良いところを確保できたのら。夜はCBR乗りさんのくじ運に感謝♪
昼(2組前半)・・・3列目右
夜(3組前半)・・・約10列目左

会場や「前方自由席後方スタンディング制」は良かったと思う。目に余る場所取りなどの問題はあるけども、それはヲタの質の問題。多くの観客が視界良好で見られる点はやっぱりいい♪

ステージが高いため、℃-uteは慣れるまで怖かったかもだけど、観客は嬉しい限り。昼も夜もメンバーの躍動する筋肉や汗や表情をバッチリ拝めたのら。
客席の奥行きもさほど無いため、2階席や後方スタンディングエリアの人も楽しめたんじゃないかな。

元々ダンスナブルな曲が多い℃-uteは、リストリクテッドなホールより、フレキシブルなライブハウスがお似合い。ぜひとも今後もライブハウス公演を増やして欲しい。但し、それにはヲタ一人一人がマナーの問題をクリアーしなくてはならないけどね。

(*゚▽゚)ノ以下、ネタバレあります。
続きを読む
【2007/09/10 15:23】 | ライヴ感想 | トラックバック(0) | コメント(0)
(*゚▽゚)ノあばれハロヲタは推しメンの視線で自分を見てみろ
(*゚▽゚)ノ昨日は大阪で℃-uteのスタンディングライヴ、実に良かったし友だちとも楽しい時間を過ごすことができたのら。

ただ、そういう気分に冷水を浴びせるのが、ジコチューのヲタ達だ。

おはつは、目に余る連中は叱るようにしている。昨日もおはつの隣にいた「ネコ?のマペットをぶん回すエリカヲタ」にエライ迷惑したマペットはおはつの顔にバシバシ当たるは視界は遮るはで相当迷惑。

挙句の果てにおはつのエリアまで腰を入れて侵食してくる。気づいていていないのかと思い押し返すと、乱暴にまた推し返してくる。要するに確信犯でジコチューな奴だったのだ。

ということで、アンコールの時に静かに叱って差し上げた。しかし、どうも人に注意されるのが気に入らないらしく「ハイハイそうですか」みたいな態度だった。その点から見ても相当幼児性が高い。

なので、さらに厳しく注意差し上げたら、今度は判って頂けたようだ。これでまた℃-uteヲタの質向上に貢献できた♪

・・・と思ったら、そいつ、夜公演はまた別の場所で同じように暴れていた。結局おはつの前でおとなしくなっただけで、真意は判って貰えなかったのだ。とことん幼児だったのだね。

「ほら、みてよ!マペットがトレードマークのボクですよ。また来ましたよ」とアピールしたいのだろうが、客観的に見れば気味悪いだけだって。

また団体で通路側を確保して暴れてる連中がいたな。係員に何度注意されても繰り返す。見た目は相当なオヤジの連中、暴走族に中年が多いというのもうなずける。

こういう連中、推しメンの視線で自分を見て欲しい。自分よりはるかに年下の推しメンが、自分らをどう思って見ているか。そういう想像力もないのでは、結局推しメンにも軽蔑されるだけだぞ。

おはつは今後も公演の妨げにならない範囲でこういう連中を叱り続けていく。ヲタ側からできる、℃-uteのライヴをより良くしていく手段の1つだからね。
【2007/09/10 14:17】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード