FC2ブログ
プロフィール

おはちゅ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10 | 2007/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ハロプロ感想と日記
(*゚▽゚)ノ都会っ子 純情
(*゚▽゚)ノこれぞ℃-uteの真骨頂!
℃-uteの特徴は、歌もダンスもナチュラルなのにグループ全体として完成度が高い点だけど、今回はこの特徴を守りながら現時点での実力を最大限表現したといえるからだ。

℃-uteの歌の特徴は愛理の繊細なメインボーカルと豪軟自在なコーラスのフュージョンがとても美しいところ。今回はこの特徴を最大限活かしている。

今回は特に特殊な発声技術は使っていない。ファルセットもスタッカートも愛理の得意なロングレガートも無い。各々がノーマルな腹式発声の直球勝負で、各々の個性を活かした歌い方をしている。

愛理の繊細で伸びやかな声も、まいまいのテンポを犠牲にしてまでも「サウンドに乗せる」丁寧な歌い方も、なっき~の感情的な半音高い発声も、みんなナチュラルでありながらハイレベルな個性だ。

パート割についても、現時点ではベストな組合せ。曲の7割を占めるソロパートを愛理にすることで、曲の土台を安定させた。聴いてる方はこれで混乱しなくなる。
さらに、準メインになっき~&まいまいの「ディスコ・クィーンズ」を抜擢。1メロ2メロはこのペアでシャープにシメている。
サビでは3対4のセパレートパートで左右から交互に全体では息継ぎ無しのロングパートで迫力を出している。

ダンサナブルかつオンナの凹凸を強調したダンスも挑発的でエロティック。思春期の女のコが持ってる本来の野生をむき出しにした感じ。

冒頭とシメの舞美のセリフは何度聴いても胸に残るし心を捕まれる。その効果も手伝って聴いても聴いてもやめられぬ中毒になりそうな、年度代表曲候補です。
スポンサーサイト
【2007/11/03 18:57】 | 新譜感想(シングル) | トラックバック(0) | コメント(0)
(*゚▽゚)ノ引退ではない後藤真希
(*゚▽゚)ノ後藤真希がハロプロを卒業した。秋のツアー最終公演完了後に発表されたのだから、おそらくツアーでもファンになにも告げられてはいないだろう。
http://www.helloproject.com/newslist/goto_0710290900.html

ハロプロ10年の歴史の中で、後藤の功績はとてつもなく大きい。新橋のおっさんでも知ってるラブマでいきなりミリオンを売り上げたのも、プッチモニでミリオンを売り上げたのも後藤、恋のダンスサイトも含めたハロプロでミリオンを獲得した3曲全てで後藤がメインボーカルだった。

おはつがいま狂ってるべりきゅーたちも後藤が憧れや目標だった。キッズやエッグも全盛のモーニングを見て育ってきた。全盛のモーニングの中心にいたのは後藤だった。いまハロプロの稼ぎ頭であるべりきゅーのルーツとも言えるのが、スーパーエース後藤真希なのだ。

それをファンにも挨拶無しに突然の卒業とは、最大の功労者に対する仕打ちがこれか。ひどすぎないかよ!

救いは、まだアップフロントに所属し活動を続けるという点。今でもバツグンの歌唱力とプロポーションとダンスの能力を誇る。激しい楽曲をダンスしながら余裕の肺活量で歌いきるのは天才松浦・藤本でもできない。スーパーバランスをもった稀有の逸材だ。

だから、きっとまた復権するはず!ソロライブがあれば行ってみよう。
【2007/11/03 17:41】 | 事務所に一言! | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード