FC2ブログ
プロフィール

おはちゅ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

06 | 2008/07 | 08
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ハロプロ感想と日記
(*゚▽゚)ノ江戸の手毬歌Ⅱ
(*゚▽゚)ノサウンドはレゲエとロックとジャズを組み合わせて、楽器も尺八使ったり三味線をアンプに繋いだりとおもしろいね。

ボーカルの構成は、いきなり℃-ute最大の武器であるフルコーラスから始まる構成。「めぐる恋の季節」や「ダーリン I LOVE YOU」でもつかったパターンだけども「世界一のボーカルユニット」の真骨頂をいきなり使われると、やはり度肝を抜かれる。

この曲の構成上の特徴は、各メンバーにしっかりとソロパートがあること。7人とも世界レベルのボーカリストなのに、これまでの楽曲はパートに偏りがあったので、コーラスでしか貢献できなかった。でもこの曲では個々の能力をそれぞれ楽しむことが出来るのら。

ソロ部分の歌い方は快活なんだけども、ヴィヴァーチェというよりも無声映画での活動弁士の語り口調に近い。
聴き手が物語りに引き込まれるのは、手毬歌の持つエトスや魔力だけでなく、滑舌の良さとビブラート&レガートで脳に直接突き刺さる7人7様の力強いヴォーカルによるものだ。

その中でも、愛理と千聖のパートは演歌の技法である「コブシ」を使っている。演歌と違い、故意にビブを浅めにしてあるものの、紛れも無い超高度技法の「コブシ」である。梅さんも「ドドンガドン音頭」で「コブシ」を使っているから、これで℃-uteでは7人のうち、少なくても3人がこの超難度の技法を使えることになるね。

おはつが個人的に嬉しいのは、この難関パートを今までパート割りに恵まれなかった千聖が担ったことだ。
千聖の実力は「世界トップクラスのボーカルユニット」℃-uteの中でも1、2を争う実力者なのにこれまでパートに恵まれにゃかった。今回は大抜擢というよりは、実力からすれば当然の使われ方。なんだけど、これはかなりうれぴぃ♪

斬新なメロディと手毬歌の持つエトスに乗せ、改めてメンバー各々の実力と℃-uteの奥深さを世に示すことができる。世間の反応が今からとっても楽しみな楽曲らね。
スポンサーサイト



【2008/07/26 19:31】 | 新譜感想(シングル) | トラックバック(0) | コメント(0)
(*゚▽゚)ノマノピアノ
(*゚▽゚)ノフォルティシモで始まりデクレッシェンドで落ち着くピアノの導入部分がとってもきれいで、初っ端から曲を聴く集中力が高まる。なんと、このピアノは真野恵里菜自身の演奏であるのだと後で知ってびっくり!「マノピアノ」ってタイトルもとても腑に落ちる。

歌い方はとても実直らね。イン・テンポで音符に忠実。テンポが終始緩やかで、特殊な技法(ビブラートとかレガートとか)も使っておらずイノチェンテで歌っている。だから、華やかなポップスに聴きなれていると合唱部員が歌ってるような素朴さを感じてしまうかも。

ところがこの曲、実はとても難しいのだ。

Aメロの終わり「水をあげたの」のところは、「あげたの」の4語で音程が1/4音づつ3段階下げるという相当難しいメロディになっている。(「たぁの」ではなく「あげ」と「たの」で3つ下げてる。)
ここを真野は、レガートも使わずイノチェンテの曲調を崩さずさらっと歌う。

また、Aメロ→Bメロの間やサビのリピートのとこ(「今すぐあなたに」→「あいたいよ」のとこ)なんて、ロングパートでブレスのタイミングがない。

だからこの曲は「イン・テンポで楽譜に忠実に、イノチェンテで実直に歌う」というのが、とてつもなく難しいのだ。

イノチェンテで実直な歌は真摯だから、聞いている人の心に強烈に残る。
30代以上の方なら、辛島美登里や岡村孝子を知ってるよね。2人ともイノチェンテで実直ながら、心に残る歌を世に出したポップスのエキスパートだ。

彼女達の代表曲である「サイレント・イヴ」や「夢をあきらめないで」と「マノピアノ」を聴き比べてみてよ。一致するところが多分にあるでしょ。

真野恵里菜は彼女達に匹敵する才能をもっている。1人でレーベルを作り、リサイタルで客を呼べるとんでもない実力派なのら。

まったく、ハロプロはこんな逸材をどこからみつけてきたのら~~~!!
【2008/07/26 16:28】 | 新譜感想(シングル) | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード