FC2ブログ
プロフィール

おはちゅ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10 | 2008/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ハロプロ感想と日記
(*゚▽゚)ノ日本ヒューレット・パッカードは人命の危険がある製品を売りつけても情報はプル型だ、気をつけろ
(*゚▽゚)ノ実家で溜まった新聞を整理していたら、11/1の日経新聞の39面に、日本ヒューレットパッカード(HP)のPCが過熱、発火の恐れがあるという広告が載っていた。実家で両親が使っているPCが該当機種だった。

HP製ノートブックPCバッテリーパック交換プログラム
http://h50222.www5.hp.com/support/PM762PA/experts/97354.html

この小さな記事を見逃していたら、気がつかないところだった。HP社からユーザーに連絡は一切なかった。

んで、運良くこの危険性情報をみつけてサイトにたどり着いたとしても、英語のサイトを日本語に直訳しており、とても使いにくい。
S/N番号を入力しろだとか、住所も名前もローマ字でしろだとか、不親切極まりない。年寄りの両親がこの作業をするのは不可能だ。

ネットが使えない人用にフリーダイヤルも設けてあるが、その情報もその新聞記事を見つけられなければ気がつかれないままである。

日本ヒューレット・パッカードはこのような、人的被害もありえる危険性をはらんだ商品を売りつけておきながら、小さい新聞記事だけで注意を喚起しているだけだ。こちらはきちんとユーザ登録しているわけで、顧客一人一人に連絡することも可能だし、テレビで知らせることもできるはずだ。

日本ヒューレット・パッカード製のPCを購入するのであれば、常に自分でアンテナを伸ばして、危険性がないか注意していく必要がある。それができないひとは、デルか日本製を買うべき。

さて、日本ヒューレット・パッカードのPCは八王子の工場で作っている(らしい)が、バッテリーはなぜかアメリカから届く。組み立てが日本てだけで、中身はさてどこのお国で作ったものなのかね。

---------------------------
21:40追記

英語でHPから注文確認書が届いた。日本ヒューレット・パッカードではなく、米HPが窓口になっているようら。新聞に載ってたフリーダイヤルにかけたら日本人が応対してくれるんだろうか?
人命を危険にさらして、英文で「注文ありがとう」とは、日本の感覚とはちとずれてるね。

Subject: Order Confirmation

Dear xxxxxxx,

Thank you for choosing HP for your technology needs. We value your business.

This is an automated response to your order for the
HP Notebook PC Battery Pack Replacement Program.


Order Details:
--------------------------------
Order No: xxxxxxxxxx
Order Status: Awaiting Shipment
Order Date: 2008-11-03

Item(s) Information:
--------------------------------

Item No: 418867-001
Description: SPS-Battery, 6C, 5.1AH
Quantity: 1


Thank you for your order.

Hewlett - Packard Company
スポンサーサイト



【2008/11/03 18:32】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
(*゚▽゚)ノ掃除デー
(*゚▽゚)ノ実家では掃除三昧、今日はおふろとおうちのお掃除と、団地のフロアの掃除。今月は当番なのら。

午後はスーパーに買出しいったし、もうへろへろ(;´Д`)
【2008/11/03 14:32】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード