FC2ブログ
プロフィール

おはちゅ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

04 | 2009/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ハロプロ感想と日記
(*゚▽゚)ノライバル
(*゚▽゚)ノおんなっ子ぽぃきゃわぃぃ曲♪
この点、「青春バスガイド」と対象的です。
両A面にしたのは、男性的女性的両方を聞き比べて欲しいということなんかも。

冒頭と最後の「ひと~つふ~たつ元気にまわせ」のユニゾン部分、ここはA、B、サビとは独立してるんだよね。同じメロディなのに、冒頭ではプロローグとして期待感をあっぷさせ、最後ではエピローグとしてクールダウンの役割を果たしてる。
比類なくきゃわぃく爽やかな7人ユニゾンを、た~~っぷり聴けるってだけで、この曲だいすきです(*゚▽゚)ノ

とろさんの指摘にもあったけど、この曲ソロは4人限定。
その分各パートが細切れにならず、忙しさがない。
だからソロもユニゾンもしっかり聴けるのだ。

梨沙子はパワフルで男性的なボーカルだけど、この曲では女性的でとてもなめらかだよね。
丁寧にふんわりとした歌い方もできる、それがとってもゆったり聴き心地がいい。1番Aメロのとこもファルセットいれた大サビも、とても上品じゃないか、惚れた!

2番Aメロ雅のパートは、夏焼雅の真骨頂。雅はこういうゆったりとしてプリティな感じのボーカル歌わせたら世界一だ。
PVでは「まいにち~」のときのニコっとした笑顔がナチュラルでステキです。

桃の勢いはとまらんな~~
Aメロ「気づけば夏だし↑、その↓うち冬だし↑」ってコミカルなパートもサビのやさしくて胸に刺さる丁寧なパートも、間奏後のオーラ全開で大サビの梨沙子に繋いでいるパートもいい。

くまいちゃんのソロパートもいい!
1箇所しかないんだけど、「胸をはってYeah!」ってとこはくまいちゃんのさわやかさ全開なのだ。

2番Bメロの梨沙子&千奈美のユニゾン、はじめてじゃない?
おはつの記憶には「桜→入学式」の一小節「WOW」しかない。
このユニゾンはとっても楽しくて明るい♪
梨沙子の声は男性的で荒々しさがあるけど、千奈美のボーカルがかぶることでガラリ、とってもキュートになるね!!

嫁のま~さはユニゾンで大活躍!
「女子バスケット部」でもおなじみ、千奈美とのユニゾンは、コミカルでとても元気がでるし、嫁&きゃぷてんのユニゾンは丁寧でゆるやかだ。相手に合わせつつもソロより魅力的なユニゾンになるのは嫁の包容力故か。

おんなの子っぽさ基調で、ソロもユニゾンもBerryz工房の「いいとこ取り」しているこの曲は、「きゃわぃぃ系」では「付き合ってるのに片思い」以来の名作なんじゃないか。
「かっこいい系」も「きゃわぃぃ系」もハイレベルに表現できるBerryz工房のクォリティの高さが証明された作品です。
スポンサーサイト



テーマ:Berryz工房 - ジャンル:アイドル・芸能

【2009/05/23 19:58】 | 新譜感想(シングル) | トラックバック(0) | コメント(3)
(*゚▽゚)ノ青春バスガイド
(*゚▽゚)ノBerryz工房の男性的な部分を強調した曲です♪

メロディはミディアムテンポのロック、サウンドはエレキが程よいロカビリー風。
ダンスは腕を振り上げるファイティングスタイルで勇ましい。
ボーカルはビブを効かせてアグレッシブ&アパッショナートだ。

こういう曲は圧倒的な破壊力をもつ梨沙子の一人舞台、とおもいきや、各メンバーのソロパートが凛として一本芯がとおっている。各パートが短い分、各メンバーの一小節に注ぐパワーがハンパじゃない。

短いパートだと、嫁のま~さの「少しハズした感じで強い」ボーカルが効くのだ。
「これがジェラシー」「さいしょの日に戻りたい」ってとこ、インパクトあるのら。ここはハズれてたほうがいいパートだ。
きゃぷてんの「きみにつたえたいことばかり」のとこや、くまいちゃんの「目線があうたびしびれるよ」ってとこも、ハズれた感じがとてもいい。

そのくまいちゃんは、サビのシメ「マイクにうまれかわりたい~」のとこでは外さずとても丁寧に歌ってる。この曲一番目立ってるのはくまいちゃんじゃにゃいか~♪

ところでガクランの衣装びみょ~らけど、きゃぷてんとくまいちゃんは良く似合ってる♪
2人はちとアニキっぽぃかんじなんかな。

テーマ:Berryz工房 - ジャンル:アイドル・芸能

【2009/05/23 19:55】 | 新譜感想(シングル) | トラックバック(0) | コメント(3)
| ホーム |
フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード