FC2ブログ
プロフィール

おはちゅ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

11 | 2011/12 | 01
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ハロプロ感想と日記
(*゚▽゚)ノハロプロ勝手にAWARD 2011 5位
(*゚▽゚)ノオリメン体制、有終の佳作。



5位 有頂天LOVE/スマイレージ

パーカッションの効いた楽しいディスコサウンド、ハイテンポでハキハキと滑舌の効いたボーカル。タイトルどおり「有頂天」がぴったりの元気な元気なスマイレージらしい楽曲です。

当時の4人は、それぞれボーカルがハイレベルでありながら個性的で、この楽曲ではそれが十分に発揮されています。

紗季ちゃんはビブの効いた高低自由自在の広い声域で楽曲を格調高くしています、
憂佳は可愛らしい声に甘さやセクシーさも加わり、楽曲に可愛らしさと色気を加えています。
花音はシャープな声で楽曲を引き締めます。

そして、彩ちょは「今回は」アイドルらしい可愛い声で、楽曲をアイドルらしい軽さを添えています。
紗季ちゃんのビブに加えて、色気のある憂佳やシャープな花音のボーカルだけでは、この楽曲には少し重いのです。
彩ちょは「夢見る15歳」と聴き比べると明らかに歌い方を変えています。歌唱力は紗季ちゃんの評価が一様に高いのですが、彩ちょも相当に器用なボーカリストだと思います。

当時のスマイレージはユニゾンもソロも隙がなく、かつアイドルらしいフレッシュさを併せ持った、ユニット史上最高のクォリティだったと言えるでしょう。

オリメン体制で最も実力が充実していた時期にリリースされ、かつその実力を十分発揮できていた点を評価し、5位としました。

P.S.
新生スマイレージがまず超えるべきは、この「有頂天LOVE」です。
オリメン体制のレベルに2012年どこまで迫れるかが、今後のスマイレージを占うことになるでしょう。
スポンサーサイト



【2011/12/27 10:49】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
| ホーム |
フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード