FC2ブログ
プロフィール

おはちゅ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

11 | 2012/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ハロプロ感想と日記
真野恵里菜『NEXT MY SELF』発売記念イベント<マノソナタ>
(*゚▽゚)ノ1,2回目いてきた~♪

それぞれセトリが少し異なり、サプライズもあるという念の入れよう。3回目もTwitterによればサプライズがあったみたい。

1回目は1階I列1番。
隅っこだから動きやすくて楽しかった~♪
サプライズは、ケーキ登場。マノソナタ13回目を記念して「13」の形にイチゴをならべたショートケーキでした。

2回目は2階F列2番。高さはあるのでまぁまぁの眺め。
真野ちゃんは2階にも視線を送ってくれるので嬉しいね。
「花言葉」や「Tomorrow」のようなスローでダンスがない曲は会場が見渡せて、みんなの優しそうな表情がみれていいと言ってた。私のダラシない表情も見られたのかも。

サプライズは、なんとプラズマクラスターの空気清浄機プレゼント。先週のFCイベで取りそこねたものだね。
お兄さんの部屋にも「脱臭」のために置きたいと言ってました(笑)

これだと3回目のサプライズも気になるところだけど、権利がないのでそのまま帰宅。3回目はフクちゃんのボイスメッセージだったらしいね、いいな~~

MCはTwitterとかをご参考に。
ハロコンリハの出来事や、茉麻と少女漫画の話で仲良くなって「恵里菜」と呼び捨てしてもらうことにしたら、その晩に早速「恵里菜へ」と書かれたメールが来たとか、かななんと食事に行ったら、電車の中で歌いだす、突然町中でかくれんぼはじめるなど、(かにょんとかが警告した通り)大変だったとか、楽しかった~♪
年納めに腹を抱えて笑わせてもらいました。

さて、少しだけ曲の感想を。
今年最後に、いい歌をいい声で聞けました。
結構歌詞飛ばしてたけど♪

□NEXT MY SELF
先週もFCイベで聴いたけど、やっぱりいいね!
A,Bメロとメロディが単調なのでCDで聞くとイマイチなんだけど、生で聞くと息遣いや気持ちが伝わってきて、ハートにズンときます。作詞家の気持ちを噛み締めて歌うことにかけては、真野ちゃんはトップクラスですね。
また、大サビで「NEXT MY SELF」のコーラスを合唱するんだけど、この一体感がたまらないです。

□青春レインボウ
ノリノリで元気が出る曲です。
サビでコールするよう真野ちゃんに指導され、「enjoy now!」ってのが楽しい♪
真野ちゃん解説、「チャンスの虹を渡っていくのは今だよ」「失敗したってまたいちからやればいいんだ」と卒業する真野ちゃんや(観客の中にもいるであろう)新しい道に進む人への応援ソングになっている。
そのとおりだね、メロディだけじゃなくて歌詞からも元気をもらえます。

最後に、1,2回目とも最後のMCで言っていたことを描き下ろします。
ファイナルコンサートはファンクラブの先行で、たくさんの申し込みがあったと聞きました。
嬉しい半面、チケットを手に入れられなかった人もたくさんいることになり、とても複雑です。
だから、チケットを手に入れた人には必ず来てもらって空きをつくらないようにしたい。
そして、みんな笑って「また真野ちゃんの歌を聴きたい~~」って思ってもらって帰って欲しい。


セットリスト
■1回目
01.元気者で行こう
02.花言葉
03.青春レインボウ
04.ダレニモイワナイデ
05.NEXT MY SELF

■2回目
01.ドキドキベイビー
02.花言葉
03.青春レインボウ
04.熱血先生
05.NEXT MY SELF

■3回目(Twitterより推測)
01.お願いだから
02.花言葉
03.青春レインボウ
04.OSOZAKI娘
05.NEXT MY SELF
06.バンザイ!~人生はめっちゃワンダッホーッ!~
スポンサーサイト



【2012/12/29 23:36】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
(*゚▽゚)ノハロプロ勝手にAWARD 2012 2位
(*゚▽゚)ノ荒波を乗り切った6人の集大成。



2位 寒いね。/スマイレージ

今年はスマイレージにとって、正念場を迎えた年でした。
レコード大賞最優秀新人賞を獲得してから急転直下、昨年末は主力2名が抜け、まだまだ力不足の2期メンを正式メンバーにせざるを得なかった状況からの再出発でした。

2月の「チョトマテクダサイ!」イベは抽選方式を取らなかった上に平日開催だったため、会場の中野サンプラザはガラガラ。初期メン離脱とともに離れていったファンが戻ってきていないこともあり、雰囲気は暗いものでした。
当時、比較的人気が高かった小数賀芙由香さんが病気で離脱したことも影響しているようでした。

5月の「ドットビキニ」イベでは、2期メンのキャラが立ってきたものの、まだまだユニットとしては一体感が無かったように思います。(当時のレポはこちら

一変したのは、6月のベストアルバムリリース記念コンサート。
この時点で、表情もパフォーマンスも昨年末とは別人でした。半年の間に相当の稽古を積んだのだと思います。(当時のレポはこちら)

そして秋ツアー。
公演ごとにレベルアップしていく様は見事でしたね。
チケットの売上も好調で、終盤のSHIBUYA-AX公演では、フロア一杯の観客を前に堂々パフォーマンスを見せてくれました。あのときの会場の一体感は今も忘れません。

さらには、他のユニットと共演するイベントや、怒涛の販促イベントで現場経験を積んで行く6人。

そんな中、今年最後にリリースされたこの楽曲は、荒波を乗り切ったスマイレージ今年1年の集大成です。
バラードを歌い上げるまでに向上した歌唱力、表情や仕草だけで楽曲の切なさを演じる表現力、1年前とは比較にならない進歩です。

躊躇なく「モーニング娘。みてろ~!」と言い放つ、リーダーあやちょに自身がみなぎっていることが判ります。
不安をことごとく覆し、快進撃を魅せた新生スマイレージの集大成であるこの楽曲に敬意を表し、2位としました。

(MVリリース当時の曲評はこちら
【2012/12/29 22:29】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4)
| ホーム |
フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード