FC2ブログ
プロフィール

おはちゅ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

11 | 2013/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ハロプロ感想と日記
(*゚▽゚)ノハロプロ勝手にAWARD 2013 2位
(*゚▽゚)ノ急成長のまぃまぃを抜擢。



2位 アダムとイブのジレンマ/℃-ute

℃-uteはキュートな楽曲とハイテンポなダンス・ナンバーどちらもハイレベルに表現できる日本屈指の実力派ユニットです。

この楽曲はダンス・ナンバーですが、今年同じくリリースされた「愛ってもっと斬新」や「Crazy 完全な大人」と比べ、ダンスのフォーメーションを簡素化し個々のボーカルパートを長めに取っています。
サビでもユニゾンを少なめにし、ソロパートをしっかり設けています。

この曲、最大の特徴はマイマイ(萩原舞)の大抜擢でしょう。
パート数は愛理を抑え千聖(岡井千聖)と同じ7のトップタイ。
サビでもソロパートの一角を努め、さらに大サビを担っています。メインボーカルです。

昨年からボーカルが飛躍的に伸びていたマイマイにしっかり活躍の場を提供し、それにしっかりマイマイが応えた結果、ダンス・ナンバーにもかかわらず力強いボーカルの効いた楽曲になっています。

武道館前にリリースされたこの作品は、(「悲しき雨降り」と両A面で)初動売上がユニット初の6万枚超え。平日武道館2DAYSのSOLDOUTに貢献したと言えるでしょう。

自分がメインボーカルを務めたシングルが記録更新をした事実がマイマイにとって大きな自信になったでしょう。バックダンサー的な役割が多かったマイマイがボーカリストとして躍進する足がかりを掴んだことは、10年目を迎える℃-uteにとってもさらにポテンシャルが広がったことになります。

ボーカルを楽しむならスローバラードでも良いのですが、やはり℃-uteですからダンスもしっかり無いと寂しい。この作品はフォーメーションは控えめとはいえ、5人ピタリ息のあったハイスピードダンスは健在です。


ボーカルでもダンスでも℃-uteの実力をしっかり表現しながら℃-uteのポテンシャルをさらに広げた点に加え、数字的にも売上記録を更新し武道館公演を成功させる呼び水になった点を評価し、2位としました。
スポンサーサイト



【2013/12/29 16:10】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
(*゚▽゚)ノハロプロ勝手にAWARD 2013 3位
(*゚▽゚)ノ逞しく変化し続け自己新記録更新。





3位
もっとずっと一緒に居たかった/Berryz工房
ROCKエロティック/Berryz工房

10周年を迎えたBerryz工房ですが、未だに成長の勢いがあり、常にフレッシュに見えます。

理由の1つは年齢に合わせた曲調の変化でしょう。
昨年後半からアイドル色が消えて、中性的なアジアンミュージックを織り交ぜつつも「大人の女性」を意識したものにシフトしてきています。

結果的に、中高生はとっつきにくい反面、大人には然程違和感無しに聴ける楽曲を発表し続けることができています。

ボーカルやダンスも「最新が最強」と讃えられるモーニング娘。や、いまや勢いナンバーワンの℃-uteに引けを取っていません。

ボーカルは現時点でもハロプロではトップクラスの梨沙子、雅、ももちが所属しており揺ぎ無いものがあります。
ダンスはどちらの曲もフォーメーションが美しく、ステップも複雑です。ベテランらしく表情や仕草一つ一つが艶めかしく官能的でもあり、この点ではハロプロナンバーワンです。

今年発表された楽曲はいずれも上記の特徴があげられますが、この2作品は衣装も歌詞も、およそアイドルらしからぬ大人の女性を意識した中で、初動売上枚数で史上最高を記録しています。
今後歳を重ねてもファンにとって違和感の無い歳相応の魅力的な楽曲を発表し続けることができるでしょう。

10周年にしてさらに歳相応に変化と進化し続けるBerryz工房の逞しさと将来性を示した楽曲であることを評価し、3位としました。
【2013/12/29 15:53】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
| ホーム |
フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード