FC2ブログ
プロフィール

おはちゅ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ハロプロ感想と日記
(*゚▽゚)ノマノピアノ
(*゚▽゚)ノフォルティシモで始まりデクレッシェンドで落ち着くピアノの導入部分がとってもきれいで、初っ端から曲を聴く集中力が高まる。なんと、このピアノは真野恵里菜自身の演奏であるのだと後で知ってびっくり!「マノピアノ」ってタイトルもとても腑に落ちる。

歌い方はとても実直らね。イン・テンポで音符に忠実。テンポが終始緩やかで、特殊な技法(ビブラートとかレガートとか)も使っておらずイノチェンテで歌っている。だから、華やかなポップスに聴きなれていると合唱部員が歌ってるような素朴さを感じてしまうかも。

ところがこの曲、実はとても難しいのだ。

Aメロの終わり「水をあげたの」のところは、「あげたの」の4語で音程が1/4音づつ3段階下げるという相当難しいメロディになっている。(「たぁの」ではなく「あげ」と「たの」で3つ下げてる。)
ここを真野は、レガートも使わずイノチェンテの曲調を崩さずさらっと歌う。

また、Aメロ→Bメロの間やサビのリピートのとこ(「今すぐあなたに」→「あいたいよ」のとこ)なんて、ロングパートでブレスのタイミングがない。

だからこの曲は「イン・テンポで楽譜に忠実に、イノチェンテで実直に歌う」というのが、とてつもなく難しいのだ。

イノチェンテで実直な歌は真摯だから、聞いている人の心に強烈に残る。
30代以上の方なら、辛島美登里や岡村孝子を知ってるよね。2人ともイノチェンテで実直ながら、心に残る歌を世に出したポップスのエキスパートだ。

彼女達の代表曲である「サイレント・イヴ」や「夢をあきらめないで」と「マノピアノ」を聴き比べてみてよ。一致するところが多分にあるでしょ。

真野恵里菜は彼女達に匹敵する才能をもっている。1人でレーベルを作り、リサイタルで客を呼べるとんでもない実力派なのら。

まったく、ハロプロはこんな逸材をどこからみつけてきたのら~~~!!
【2008/07/26 16:28】 | 新譜感想(シングル) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<(*゚▽゚)ノ江戸の手毬歌Ⅱ | ホーム | (*゚▽゚)ノ居心地いいな>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ohachu.blog5.fc2.com/tb.php/1041-7472443e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード