FC2ブログ
プロフィール

おはちゅ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ハロプロ感想と日記
(*゚▽゚)ノ2009℃-ute 劇団ゲキハロ第6回公演 あたるも八卦!?
(*゚▽゚)ノ昨日の朝、夜、今日の前楽の計3公演いて来た~~♪

昨日もちょろっと書いたけど、とにかくすばらしい内容!
物語自体がとても出来が良く、仮に℃-uteが演じなくても、十分楽しめるものでした♪

3回とも、それぞれ少しづつアドリブがはいってて、「昨日とはここ違う♪」って面白さもあって、飽きることもなかったのら。

前回の「携帯小説家」は、℃-uteの関係ないところでストーリが進んで行き、「℃-uteいらないじゃん」と思ったけど、今回は重要な配役の幾つかを℃-uteのメンバーが担ってて、これぞ「ゲキハロ」ってかんじ。同じキャストとは思えんな~♪

以下、ネタバレあります。
(*゚▽゚)ノ今回の主役は、嫁なっき~と愛理だろう。℃-uteでは、愛理と嫁が「重要な配役」を担ったよね。

「先生は私とその占い師、どっちを信じますか?」
「萩尾きぃ」こと嫁は、鬼山の心を氷解させ、ストーリーをハッピーエンドにもっていく重要な配役。そして、サーシャが憑依してラストシーンも飾った。

「それ・・・ステキな衣装だね」
ラストシーンの夕日があれほど感動的だったのは、悲運の占い師「サーシャ」の幸せな想い出と被るためだが、それを引き出したのも唯一サーシャと会話ができた「きぃ」の序盤でのこのセリフから始まっている。


「間違ってるかどうかなんて、やってみなきゃわかんないでしょ?」
「寺山泉水」こと愛理は、鬼山の弱さに最初から気づき、鬼山を救うべく最初に行動した人物だ。

その泉水が唯一占ってもらっていたのが、物語の冒頭。
きぃと泉水は「喫茶店はる」で、占いをする側、される側で対峙していた。何気ないシーンだったけど、3回も見ると、ここが物語の基点だったことが良く判る。

鬼山を挟んで、きぃと泉水が「占う者、占われる者」の対峙した立場からストーリーを牽引した。この点からも2人を主役とするのが適切だろう。

「自分の未来は、自分で想像したい」
「清野佳織」こと舞美は、本流のストーリとは関係なかったが、唯一占いをすることなく、問題を解決した人物だ。占いをスルーしながらも「流星」で父の真心に触れ、幸せを手にした。

「ありがとうね」
ラストシーンで佳織がハルに礼を言うシーン。心当たりが無いハルは???状態だったが、親友がいつも側にいてくれたことへの感謝だろうな。

マイマイの演じた「戸田純」の言動が実はなかなか感動させるものだった。
「なるほど~」
頑なに占いを嫌っていたが、最後はきぃの次に鬼山を占う。

「私、きぃのこと信じるよ」
現実的で超常現象を信じなかったのに、きぃが主張したサーシャの存在を最初に信じると言ったのも純だ。

「熊!ヘンなことに泉水を巻き込まないでよ!」
冒頭でUFOを呼ぶ熊野を叱ったときのセリフ。「きぃの占いどおりに」泉水が熊野に振り回されるんじゃないかと「占いなんて信じない」のに心配したのだ。行方不明になった泉水に必死になってケータイで連絡を取っていたのも純だ。「はる」での雨のシーンの冒頭も、何気にケータイを弄っていた様にみえた純だがじつは「何度もメールしても」というとおり、泉水にメールを送っていたのだ。
泉水との口論になるが、それも泉水を心配するやさしさからきていたのだ。(つД`;)

千聖の演じた「熊野」は終始明るい暴走キャラでストーリーをテンポ良くすすめた。笑いをとって場内をほぐしたのも彼女だ。

この様に、今回は主役も、存在感のある脇役も℃-uteだった。前回の「℃-uteいなくてもいいじゃん」なストーリーとは大違いだ。


また、今回は細かいところに伏線やミスリードが埋め込まれていた。このため、2回、3回と見ていくと奥深さがわかって尚たのしめるのだ。

嫁にしか見えなかった、インドの占い師サーシャ。
「嫁にしか見えなかった」ことは、物語のラストでないと判らない。
でも、注意深くみていると、実は序盤でも伏線があった。
手相占い師が「占い館流星」のレパートリをあげたが、実は「タロット占い」はなかった。
レオとサーシャが会話しているシーンも、じつはレオの独り言であることがわかる。

物語の冒頭、鬼山と戸田が喫茶店で見詰め合うシーン。ここで、鬼山が惚れているのは戸田ではないかという誤解を与えることに成功している。この誤解が尾田先生を直接「流星」に向かわせず、タイムラグを作ることができ、結果、あの6人の占い師のシーンやサーシャ憑依のシーンに繋がるわけである。

俳優陣のユーモアも腹を抱えて爆笑することができたし、あんなに楽しい演劇は久々だった。
ゲキハロは前回のベリもすばらしい出来だったが、今回はそれ以上だと思う。

観にいけなかった人は、是非DVDで観て欲しいな♪

テーマ:℃-ute - ジャンル:アイドル・芸能

【2009/06/21 22:23】 | ライヴ感想 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<(*゚▽゚)ノ大成功!!千聖生誕祭♪ | ホーム | (*゚▽゚)ノとろさんありがと~~♪>>
コメント
2日間、お世話になりました。
楽しかったね~。
やっぱり℃-uteにスポットが当たってる舞台じゃないと見る気なくなっちゃうもんね。
今回のゲキハロはDVDが出たらじっくり見よう。
【2009/06/22 23:18】 URL | CBR乗り #jgJNn0FY[ 編集]
(*゚▽゚)ノこちらこそお世話になりました♪
これね、3回みても足りないぐらい。
平日もいけばよかった~~~

前回のベリもおもしろかったけど、今回は同じかそれ以上だったんじゃない??

今度はBuono!のときに会えるかな?
また3人でやりましょう!
【2009/06/22 23:34】 URL | おはちゅ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ohachu.blog5.fc2.com/tb.php/1565-77a48807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード