FC2ブログ
プロフィール

おはちゅ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ハロプロ感想と日記
"All of タンポポ"は名盤である
私はヤスヲタなので、プッチや娘。のCDはよく買うが、
保田が参加していないタンポポには、全く興味が無かった。
従って、今回のアルバムも購入する気は全く無かった。

ところが、先週の矢口のANNSで、このアルバムに収録されている、
"たんぽぽ(Grand Symphonic Version)"が流された。
そこで、矢口が「5人の声を聴いて感激して泣いた」と言っていた。
これが聴きたくて、つい買ってしまった。

タンポポ初心者としては、初代のクォリティの高さに驚いてしまった。
アダルトでメロディアスな曲調。
この中では、飯田・石黒の美声が圧倒的な存在感を持つ。
ああ、飯田って歌旨いんだと認識させてもらった。

現タンポポは、初代に比べるとクォリティは低いかもしれない。
だが、UK調への路線変更で、新しいタンポポを確立した。

代替わりの評価は、先代とのクォリティの比較だけではないと、
改めて認識した上に、3代目への期待感も高まっていく。

新曲"I&YOU&..."では、コーラスに稲葉貴子を起用する力の入れよう。
2代目としての最後を締めくくったといえる。

そのアルバム最後を飾るのが、前述のGSVerである。
正体は、2代目に石黒の歌声をRemixした、オーケストラバージョンである。
フルートには高桑英世、ハープには井上美江子を起用し、格調高く仕上がっている。

1~2代の集大成を締めくくる曲として、これ以上あるだろうか。
なんたって、石黒が現メンバと一緒に歌うのだ。
矢口が、当事者にも関わらず感激するのも無理は無い。

プッチアルバムの「プチモビクス」とは偉い違いである。

この1枚に、タンポポの歴史とコンセプト・今後の展望が詰まっている。
1つのユニットについて、ここまで表現したという意味では、
古今東西ジャンルを問わず、名盤の1枚に数えてもいいんじゃないか。
【2002/09/09 00:00】 | 新譜感想(アルバム) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<保田の後継者(その2 高橋) | ホーム | 保田の後継者(その1 辻)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ohachu.blog5.fc2.com/tb.php/21-b4fc1f7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード