FC2ブログ
プロフィール

おはちゅ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ハロプロ感想と日記
(*゚▽゚)ノBerryz工房劇団ゲキハロ第9回公演『三億円少女』
(*゚▽゚)ノ東京公演、3回いってきた~~

9/18(土) 熊井友理奈 ※初日初回 4列目
9/19(日) 夏焼雅 ※雅初日 2階4列目
9/21(火) 須藤茉麻 ※嫁2回目 3列目

席はどの公演もまぁまぁ。雅のときは遠かったけど全体がよく見えた。
3列目だと、近すぎて全体が分かりにくい分、振動や役者の息遣いまでわかるてかんじ。小道具に写真が出てくるけど、本物でした。そういう細かいところが判るのも席が近いからだよね。

面白かったし、感動もできました。
また、配役が変わるから、3回観ても飽きない。
嫁公演では夏熊公演から配役が(熊井ちゃん以外)フルチェンジしたため、「あの役をどう演じるのか」×6も楽しめました。

以下、ネタバレあります。
(*゚▽゚)ノネタバレ感想。

■物語について
プロローグとエンディングをどう捉えるかは観客次第。

プロローグは(一希ではなく)依子と琴絵の出会いのシーンが琴絵の回想シーンとして表現されている。この回想シーンが「つくり話」だった、という解釈をすることで、実はそっくりの孫でした、というオチがしっくりくるようになっている。
ただ、そうすると、平成の一朗、昭和の純弥、昭和の一朗の邂逅シーンや、一希出発後の依子とのシーンが、ただの演出ってことになる。ストーリー全体も水戸黄門でよくあった「そっくりさんで混乱する話」みたいで、正直ちょっとつまらん。

おはつ流解釈は、
「日記を読まなかった」一朗の魂が昭和に還り、
依子と結ばれた、

である。

一朗が日記を読まなかったことで、昭和43年12月10日以降の出来事が、一朗の中限定で「無かった」ことになり、一朗の魂だけが昭和に還った。昭和44年元旦に初詣できたのだから、三億円事件自体も「無かった」ことになる。発見した三億円を手付かずで床下に戻している点も「原状回復」の儀式として捉えることができる。

魂だけ、としたのは依子と初詣したのが昭和の一朗だったから。平成の一朗は亡くなったのだろう。これだと、純弥や昭和一朗との邂逅シーンも、魂が昭和に還る過程の出来事だと解釈でき、しっくりくる。

昭和依子登場シーンと平成一希の入浴前の衣装は「あのときのまま」の同一衣装だが、いずれも「バイクに乗れない」スカートで、エピローグも同じ衣装だ。依子が一希に姿を借り、バイクに乗れないスカートで迎えに来た、という細かい演出じゃないだろうか。

我ながら空想的でかつセンチメンタルな解釈だと苦笑してるけど、3公演みた結果行き着いた結論である。

■3公演の比較
雅は明美がハマリ役、と思ったけど、依子がとてもうまかった。
広島弁はトーンもイントネーションも女性独特の柔らかさがあったし、事件前日、純弥を阻止しようとするシーンは迫力があった。エピローグでの歌声は優しく一朗の魂を癒していた。

熊井ちゃんは明美がぴったりだ♪
もともと素の顔が怒っているようにみえるし(笑)、長身を活かしたふてぶてしい振る舞いは威圧感があり、本物じゃないかと錯覚するほどだ(笑)
熊井ちゃんは依子も良かった。
話し方が素朴なので広島弁がしっくりきてたし、「一朗ちゃん♪」「一朗ちゃん!」と一朗の呼び方がかわいかった。
また、どの役も一生懸命やッてる感が観客にも伝わり、しかもうまいので、私は「本当に熊井ちゃんなのか?」と思いつつも演技に飲み込まれてました。

そして、嫁の須藤茉麻の依子も良かった♪
嫁の依子はちょっと違う。「依子だったらこう考えこう動くだろう」という依子の考え方や性格を理解して、あとは普段どおりの嫁で表現したという感じ。だから普段の嫁と舞台の嫁はさほど違いがなかった。
見る人によっては「演技力ないな」と思ったかもしれないが、そりゃそうだろう。演技ではなく須藤茉麻そのものなんだから。
笑顔は依子ではなく嫁自身のおおらかさ、嘆く姿は嫁の憤りや悲しみそのものだった。この点が依子を「演じた」他の2人とは大きく違っていたと思う。

もともと、嫁は喜怒哀楽の感情表現が豊かだ。
依子はセリフが多いため早口になるシーンも多いが、嫁は普段の嫁の表情や動きが自然に伴っているから、セリフ以外のノンバーバルなところでカバーができていた。昭和初登場シーンでおみやげを配るシーン、2階で上京当時の不安を語るシーン、エピローグの初詣のシーン、など長いシーンでは特に顕著。セリフよりも表情の印象が強かった。

三人三様で優劣はつけがたい。できれば七人全部観てみたかった。DVDは7枚組とかになるのかな~~

テーマ:Berryz工房 - ジャンル:アイドル・芸能

【2010/09/25 10:53】 | ライヴ感想 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<09/24のツイートまとめ | ホーム | (*゚▽゚)ノポンペイ展 世界遺産 古代ローマ文明の奇跡>>
コメント
DVDどうなるんでしょうかにょ~
まさかの7枚だと高そうだにょ(汗)
まぁ、買うけどにょ・・・
【2010/09/26 01:22】 URL | dejiko #mQop/nM.[ 編集]
千奈美公演も良かったらしいし、梨沙子、佐紀ちゃん、桃子も当然みたい♪
7枚組みかな、やっぱり(^^;
【2010/09/26 22:12】 URL | おはちゅ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ohachu.blog5.fc2.com/tb.php/2169-10bf0daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード