FC2ブログ
プロフィール

おはちゅ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ハロプロ感想と日記
新垣をFeatureしてみる
横アリで、保田・後藤と並び惹かれたのが新垣である。
新生タンポポお披露目でも感じたことだが、新垣がイキイキして見える。
今晩のMステでも、隣で気負っている石川とは対照的にイキイキと見えた。

横アリでは、MCのオチ担当。
どっと湧いたところで、場内ブラックアウト。
直後、新垣ひとりにスポットが当たり、ミスムンの冒頭アカペラ「愛をください~♪」を謡(うた)う。

僅か5分程度だが、13歳の新垣が実に堂々と主役を務めた
それが私には、カッコよく見えた。

最近では、同じ5期メンの小川もイキイキと見える様になったと述べた。(No.20参照)
5期メンも、パート担当・ユニット参入・ミュージカル・ライヴなど与えられたチャンスをこなしていくことで、
スキルとともに自信が付いてきたのだろう。
特に、大観衆と直接触れるライヴの効果は大きいと思う。

ただ新垣は、他の5期メンと異なり、以前は心無いブーイングを浴びていたという。
看過できないのは、コネだのルックスだの、13歳の女の子には残酷な誹謗中傷だったことだ。

しかし、今回の横アリではブーイングなど聴かれず、声援も大きかった。

ブーイングが声援に変わったことは、大きな手応えだったはずだ。
このことは、おそらく努力人・保田以外体験が無い貴重なものといえる。

本人がイキイキしていると、それはルックスの好悪や風説を超えて、周りを惹きつけていく。
周りが好意をもって注目すると、ますますイキイキしてくる。
新垣は、この好循環に乗りつつあるのではないか。

新生タンポポは、Dailyチャート3位。
1・2が浜崎・ZONEであるから、まずまずのスタートといえる。
セールスを稼いだのは、石川でも柴田でもなく、案外新垣だったかもしれない。
【2002/09/27 00:00】 | スポット | トラックバック(0) | コメント(0)
<<9月度プッチキャンペーン その1 「プッチはどうした!」 | ホーム | 新生タンポポ評>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ohachu.blog5.fc2.com/tb.php/31-bb6708f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード