FC2ブログ
プロフィール

おはちゅ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ハロプロ感想と日記
9月度プッチキャンペーン その3 「吉澤にエールを送る」
アイドルにとって、容姿は商品である。
2期メン以前のメンバーは、デビュー時よりも
身体は締まり、より魅力的になった。

保田の酒好き・焼肉好きはヲタでは有名だが、身体は締まったままである。
矢口の腹筋は割れており、全体的に見ても筋肉質である。
飯田も、一時心配された安倍も、成長期を乗り切った。
卒業した中澤も、酒飲みの29歳だが、容姿は美しいままだ。

皆、日頃のレッスンに加えて、適度な緊張感とともに、食生活・日常生活に気を使っているのである。

日頃から努力して、商品価値を向上させる。これがプロである。
2期メンまではプロ集団だったのである。

...率直に書くと、吉澤の容姿の変貌は問題だ。

歌唱力が高いとは言えない吉澤にとって、以前の美しい容姿は、強力なセールス・ポイントだった。
美しいからこそ売れる吉澤なのである。
この点で、ブクブクしててもチヤホヤされる辻加護とは明らかに違う。

吉澤は、新生プッチでは大看板である。
吉澤が居なければ、小川・アヤカが如何に優秀でも、セールスを伸ばすのは難しいだろう。

しかしライヴ会場で、吉澤のうちわや写真を持っていた観客が少ない
と感じたのは、私だけではないだろう。
ネット上でも、吉澤ヲタのトーンは低い。
確実に吉澤ファンは減ってきているのだ。

デビュー延期の理由が、ここにあるとすれば危機である。
事務所側が「吉澤では売れない」と判断していることになるからである。
最悪の場合、プッチモニ。は消滅してしまうだろう。

今吉澤は、アイドル生命の正念場を迎えている。
そして、新生プッチの命運は、吉澤が握っていると考えて良い。

デビュー延期決定直後に迎えた、夏コン千秋楽。
プッチは終始地味だったが、"ちょこラブ"熱唱中に、
吉澤が「プッチモニ。サイコー!!」アドリブで吼えた。

このような「煽りアドリブ」は、今まではリーダ保田が担当だった。
これは、吉澤の「任せてくれよ」という意志表明だったと思いたい。

吉澤の根性が人一倍あることを、ファンはオーディションを見て知っている。
今度はプロ根性を見せてほしい。
吉澤が正念場を乗り越え、美しく復活したときのプッチは、きっと史上最強である。
【2002/09/30 00:00】 | ユニット | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ブログ化していきます♪ | ホーム | 9月度プッチキャンペーン その2 「小川とアヤカ加入は最良のメンバーチェンジだ」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ohachu.blog5.fc2.com/tb.php/34-2cecb91d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード