FC2ブログ
プロフィール

おはちゅ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

06 | 2019/07 | 08
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ハロプロ感想と日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
(*゚▽゚)ノひこにゃん問題、ガバナンスなくしては翻案権を主張できないと考える
(*゚▽゚)ノひこにゃん問題について、翻案権が譲渡されている/いないという議論がみられる。

おはつはが考える翻案権とは、ガバナンスの元、改良を加えバージョンアップしていく権利だと考える。ひこにゃんの場合、バージョンアップというより、彦根市がガバナンスをしない(放棄した)状態でパチモンがばら撒かれている状況だとといえる。

ガバナンスをせず、著作物を蹂躙されるがままだった彦根市が、いまさら翻案権を主張しても、後出しじゃんけんじゃんかと思ってしまう。
不正競争防止法が「営業秘密」としてきちんとガバナンスを敷いて管理してきた情報資産でないと保護の対象としていないのと同様、ってのがおはつの考えだ。

まぁ今のところ彦根市が翻案権を主張したという報道はないし、翻案権云々という議論が意味あるのかって気にもなってくるけども。

おはつが考える対策。
・彦根市は、もへろん氏の主張を聞いて、キャラクターの詳細をしっかり決め、今後はガバナンスを効かせる。
・もへろん氏は人格権のみを主張し、見返りを求めない。

(*゚▽゚)ノひこにゃんを大事に想うのなら、お互いお金の話はしないことだ。
【2007/11/21 21:30】 | ISMS,ITIL,COBIT | トラックバック(0) | コメント(0)
<<(*゚▽゚)ノ後だし募集スキル | ホーム | (*゚▽゚)ノすわってるだけでちゅかれた>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ohachu.blog5.fc2.com/tb.php/684-2448dccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。